映画の素敵な一言を英語のまま覚えちゃおう
「映画の素敵な一言を英語のまま覚えちゃおう」というメルマガを不定期日曜日に発行しています。リンクでご覧下さい。徒然と思うこと、私のことなど、発行日に書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり年?
 この二週間は、あ~私ってもう年?って思わされるような二週間でした。とにかく体を壊しまくっていました。
下腹部に激痛が走り、婦人科に行ったものの・・・検査の結果が出るまでは鎮痛剤で痛みを抑えるのみ。これは自分で治そうと、最近読んでいる「病気を治す食べ物、食べ方」の本の通り、小食にして、日本食にしたんです。
それでも中々良くならないので、朝、ラジオ体操とヨガをして、ダンスの練習をしたのですが・・・
急に今度は脇腹に激痛が走り、婦人科に相談したら、整形外科に行った方がいいと言われて、行ってきました。結果は、「肋骨の先の軟骨がずれたんですね。」と。
「あの~ヨガをやったんですが、それが原因ですか?」と聞いたら「多分、そうですね!」と。

 以前もヨガをやって何ともなかったのに・・・確かに先月半ばごろからすごく疲れを感じていたから、気力がなくなっていて、体がついていけなかったのかも。と思うと同時に、あ~年なのかな・・・と。
気持ちだけは若くても、体って確実に衰えているんですね。
体が治ったら、毎日少しずつ運動しようと決めました(^-^)


戦争
 私は最近、戦争に触れる機会が続けて2回ありました。
1回目は、山形で行われた職場の研修の最後に「地球のステージ」というのがあって、それを見たときでした。
山形で精神科医をしている方が、戦地でもボランティアで仕事をしていてその時の映像を紹介しながら、自身の歌を聞かせてくれるんです。
戦地は、ソマリア、東ティモールなどでしたが、とてもショックでした。
世界のあちらこちらで戦争が未だにあることは知っていましたが、私とは関係ないと思っていたんです。
でも、こうやって日本人医師が、遠い地の戦場で怪我をしたり病気になった人たちのために働いている。私はなんで無知だったんだろうって思いました。

 2回目は、車で家から40分程行ったところにある美術館でやっている「戦没画学生慰霊展」を見に行ったときです。「地球のステージ」でショックを受け、どうしても見たくて行ったんです。
20代前半に戦争で無くなった、昔の東京美術学校(現東京芸大)学んだ無名の画学生達の絵がたくさん展示され、その方達の遺族のコメントや経歴が紹介されていました。
長野にある「無言館」という美術館の収蔵作品で、そこの館長もまた東京美術学校で絵を学んだ方で、自分の同級生の生きた証を残したくて長野に開館したのだそうです。絵の中には哀しさがあったような気がしました。

 戦争の愚かさをつくづく感じました。何の罪もない人たちが死んでいくんです。
戦争は絶対にあってはいけないことだし、世界から無くさなければいけないと痛切に思います。
世界でまだある戦争は他人事ではなく、私たちにせめてできることは、子供達に戦争の怖さや愚かさを伝えていくことなのではないかと思いました。


考え方
 うちの次男坊は今年小学校6年生で、先日修学旅行に函館まで行ってきました。
そこでちょっとアクシデントがあって・・・
風邪気味の上、疲れが出たのか、全身に蕁麻疹が出たので病院に連れて行ったと先生から連絡が入りました。修学旅行は無事全うして帰ってきたのですが。
それをある人に言ったら「函館はいつでも行けるけど、函館で蕁麻疹がでる事ってなかなかないから、良い思い出じゃない?」と。
 ふむふむ。物事って考えようで、良いようにも捉えることができるんだなと感心した一言でした。
人生何でもポジティブシンキングですネ。

愛犬と愛猫   
 我が家では去年まで犬一匹、猫一匹を飼っていたのですが、去年の秋に猫の方が腎臓病で死んでしまいました。
 先日、職場の庭に、その飼ってた猫にそっくりの猫がずっといて、私は目が釘付け、しばらくそのそっくりの猫と見つめ合っていました。
その猫は片目を怪我したらしく、白くなっていたのですが、横を見て佇んでいる姿は、本当に飼ってた猫そのものだったんです。
私が近づいたら逃げてしまったのですが、またしばらく悲しい気持ちでいました。
 飼ってた猫が腎臓病になり、病院を往復した日々。とても辛かったです。
3ヶ月ほどして、少し落ち着いたのですが、まだまだ今でも思い出すと悲しくなります。失った悲しみがなくなるってことって、きっとないのでしょうね。
 犬の「コロ」は今11歳。結構な年になってきています。せめてコロだけは長生きして欲しくて、添加物の入っていない、素材の良い缶詰を買ってきて与えています。
動物用の餌には結構添加物が入っていて、腎臓の弱い動物にとっては良くないようです。
長生きしてね~~~~、コロ。

角館
 あ~、日本人に生まれて良かった~と思える瞬間があって。
そのひとつが温泉の露天風呂なのですが、もうひとつがお花見です。
先日、秋田県の角館という武家屋敷がたくさんある町にお花見に行ってきました。
この古い武家屋敷と桜ってとても合うんですね。お城と桜もマッチするけど。
日本旧来の建物と桜って本当に合うんだな~って思いました。
とても綺麗で、こんな景色を見られるのって幸せなことだなって。

お花見に欠かせないのが、なぜかお団子だけど、角館名物の「なまもろこし
まんじゅう」がとても美味しかった。あと行列の出来るお店のお蕎麦も美味しくて。
私は元々お蕎麦ってそんなに好きではなかったのですが、そこのお蕎麦は、そば粉
100%で、珍しく美味しいって思ったんです。
年とともに、日本の味が良くなってくるのかな。
綺麗な景色があって、美味しいものを食べられると、日頃の疲れも飛びますネ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。